トップページ    Q&A    試験法と分析法

Q & A


ASTMの試験法について教えて下さい。

 ASTMは「 American Society for Testing and Materials 」の略称で、米国にある標準化機関の一つです。この機関が作成している試験法がASTM規格(試験法)で、膨大な数の規格が発行されています。 当社の樹脂物性の多くは、ASTM規格にもとづいて測定を行っておりましたが、今は国際規格でありますISO( International Organization for Standardization )規格へと変更をいたしました。

先頭に戻る


ISOの試験法について教えて下さい。

 比較的、ご質問の多い試験項目についてイラストで下記の試験法を紹介しています。 下記をクリックし、ご覧下さい。 ここでは、簡略化した内容で紹介しています。 詳細な情報は、個々の規格原文をご参照下さい。

ISOの試験法について

  シャルピー衝撃強さ −−− ISO 179
  引張降伏応力、引張弾性率 −−− ISO 527
  曲げ強さ、曲げ弾性率 −−− ISO 178
  荷重たわみ温度 −−− ISO 75
  メルトボリュームフローレイト(M.V.R.) −−− ISO 1133

先頭に戻る


グローワイヤ試験について教えて下さい。

 サンプルの平面部分にグローワイヤと呼ばれる赤熱線を規定の温度まで赤熱し、それを試験面に一定時間押し当て、その間にサンプルが燃焼するかどうかで判定します。 赤熱線の試験温度は、550℃から100℃刻みで、最高は960℃までの5種類があります。

先頭に戻る

製品群
各種規格規制
UL規格
樹脂形成加工
カラー着色
用途と設計
CAE
樹脂特性
樹脂組成
試験法と分析法
環境・リサイクル