トップページ    Q&A    UL規格について    UL94試験法

Q & A

UL燃焼試験法について

 ここで紹介いたします試験法は、簡略化したイメージで試験法を表現しています。 試験の実施法や合否判定についての詳細のご希望は当社までメールにてお問い合わせ下さい。


UL94 HB規格

 短冊状の試験片を水平に置いて燃焼させ、その燃焼が進む速度で合否判定するものです。 試験片の厚みに応じて、40mm/分と75mm/分の2種類の基準があります。

接炎 HB
   

先頭に戻る


UL94 V-0・V-1・V-2規格

 V-0・V-1・V-2ともに試験方法は共通です。
 5本の試験片を用いて判定します。 図のように垂直に支持した短冊状の試験片の下端にバーナー炎をあてて10秒間保ち、その後バーナー炎を試験片から離します。 炎が消えれば直ちにバーナー炎を更に10秒間あてた後バーナー炎を離します。

  V-0・V-1・V-2の判定は、1回目と2回目の接炎終了後の有炎燃焼持続時間、2回目の接炎終了後の有炎燃焼持続時間及び無炎燃焼持続時間の合計、5本の試験片の有炎燃焼時間の合計、並びに燃焼滴下物 (ドリップ)の有無で判定します。 1回目、2回目ともにV-0は10秒以内、V-1とV-2は30秒以内に有炎燃焼を終えること。
 更に2回目の有炎燃焼持続時間と無炎燃焼時間の合計が、V-0は30秒以内、V-1とV-2は60秒以内で消えることとなっています。 さらに5本の試験片の有炎燃焼時間の合計が、V-0は50秒以内、V-1とV-2は250秒以内となっています。 また燃焼落下物はV-2のみに許容されています。 なお、全ての試験片は燃え尽きてはいけません。

接炎 V-0 V-1 V-2
       

先頭に戻る


UL94 5VA・5VB規格

 5VAと5VBは、V-0・V-1・V-2試験のバーナー炎より、およそ10倍大きい燃焼エネルギーのバーナー炎を使用して判定する最高部類の燃焼性クラスです。 5VAと5VBの試験方法は同じであり、Bar(短冊状試験片)試験とPlaque(板状試験片)試験の両方で判定します。 Bar(短冊状試験片)試験による難燃性能基準は同じですが、Plaque(板状試験片)試験での穴開きに関する判定で、

 5VA : 開口なきこと、
 5VB : 開口があっても良い

と判定されます。 5VAと5VBを総称して5Vと呼ぶことがありますが、実際の電気製品で5Vを要求される用途としては、大型の装置や据え付け装置があります。 これらの装置に対しては5VAの燃焼性能が基本的に要求されますが、5VBは、そのうちの一部の用途(事務機器、情報処理装置など)に限定して適用されています。


1) Bar Test 5VB
   

2) Plaque Test(Bar Test の試験で合格したものに適用)
 
開口なし
 
開口あり
 

先頭に戻る

製品群
各種規格規制
UL規格
樹脂形成加工
カラー着色
用途と設計
CAE
樹脂特性
樹脂組成
試験法と分析法
環境・リサイクル